活性酸素やメラニンのダメージ

紫外線と活性酸素、メラニンの関係

紫外線によるダメージは活性酸素とメラニンに大きく関係しています。肌トラブルの原因とされる活性酸素もメラニンも、実は肌を守る防御部隊として働いているのです。

 

紫外線は細胞を攻撃する活性酵素を作り出す
細胞を攻撃する活性酸素は、消化、吸収と言った日常の生活で毎日発生し、細胞の分解する一方で新しい細胞が生まれています。

 

この細胞の分解と生成は日常的に行われ肌の生まれ変わりに機能し、肌を若返りさせています。加齢で細胞の生成がおそくなり、バランスが崩れてくるのが老化です。

 

しかし、紫外線で活性酸素が過剰に発生するとこのバランスが更に崩れシミ、シワ、たるみ、くすみといった年齢肌のトラブルになります。

 

紫外線でも真皮にまで届くA波が肌に深刻なダメージを与えます。波長が長いので真皮まで届き、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸と言った成分を攻撃し分解するのです。

 

シミができるメカニズム

紫外線がメラニンを作りシミとなるメカニズム
メラノサイトは30代後半くらいから活性化し始めますが、紫外線の刺激を受けると、紫外線のダメージと闘う肌の防御機能が働いてメラノサイトが更に活性化し、メラニン色素が過剰に生成されます。

 

通常は発生したメラニン色素はターンオーバーでやがてはがれ落ちるのですが、ターンオーバーが加齢で遅くなったり、紫外線のダメージで過剰に発生すると、メラニン色素がいつまでも肌に残り、シミとなるのです。

 

表面までメラニン色素が達していなくても、シミの予備軍として残っています。

ターンオーバーは肌の生まれ変わりのサイクル

表皮の一番下、基底層で生まれた表皮細胞が段々層になり、上に押し上げられて角質細胞となり、やがてアカとなってはがれ落ちる肌の生まれ変わりのサイクルがターンオーバーです。

 

細胞の分解と生成で肌のバリア昨日を正常に働かせ、肌を若々しく保っています。ターンオーバーは20代の頃は約28日で行われています。

 

これが、加齢でだんだん遅くなり40代では約40日とも言われています。こうして肌の老化が始まるのです。

 

古くなった角質が厚くなり、肌がゴワゴワしたり、乾燥してカサカサしたり。肌のバリア機能も低下し乾燥肌、敏感肌のトラブルに悩まされてしまいます。

ターンオーバーのしくみ

肌のバリアを回復しようと、表皮細胞がどんどん作られ、肌の入れ替わりをしようとしますが、短い期間で生成されるため、未熟な細胞ばかりが増えてしまいます。その結果、さらにバリア機能が低下することに。

 

紫外線のダメージから肌を守るケア
紫外線を浴びないことが一番ですが、それはまず不可能です。できるだけ浴びない工夫が大切です。

 

UVクリームなどで紫外線をブロックすることも必要ですが、肌への負担があるので、SPFやPAの数値を追わず、つけた後のスキンケアもきちんとすることが大切です。

 

肌のバリア機能を正常に働かせるためには、活性酸素を無害化する抗酸化物質を身体に取り入れたり、日常生活を見直すといったことも効果があります。

 

ダメージを受けた肌を修復するケアはまず、保湿

 

表皮のバリア機能を形成するセラミド、真皮のコラーゲンやヒアルロン酸、また細胞を活性化する働きをする成分を補うことで老化と戦い肌の若返りを目指しましょう。

 

その際、注意しなければいけないのは、肌の若返りに良いとされる成分は殆どが水溶性なので、そのままでは肌に届かないということ、皮脂膜に弾かれてしまい浸透しないのです。

 

美肌成分を確実に肌に届ける浸透する技術が必要、ということなのです。

 

国際特許の浸透テクノロジーを取り入れた、ビーグレンのサイエンスコスメは届きます!

浸透テクノロジー・ビーグレンのサイエンスコスメ


浸透テクノロジー・ビーグレンのサイエンスコスメ


紫外線による活性酸素やメラニンの過剰な発生の原因記事一覧

紫外線のダメージは活性酸素が細胞を攻撃することで起こります。この活性酸素を無害化するのが抗酸化物質です。活性酸素は電子をひとつ失って不安定になり、ペアになる電子を探してあちこち飛び回る酸素分子です。近づいた他の細胞の電子を無理矢理奪い取るので健康な細胞にダメージを与えます。電子を奪い取られた細胞は新たな活性酸素を生み出し、他の細胞を攻撃す...
詳細を見る